2010年1月19日火曜日

2009年9月5日 「Tetsuo」レッドカーペット&上映!

仮眠を取って、日が暮れた後、再び映画祭会場へ。
62番のヴァポレットに乗ったら、会場裏の船着き場に着きました。



Sala Grandeでは、「Tetsuo」上映前の作品「Yi ngoy」という香港映画のレッドカーペット中です。

会場隣のカフェは、人でいっぱい。コーヒーとチョコクロワッサンを注文し、テラスの席で腹ごなし。カフェオレもクロワッサンおいしいです。
  
海獣シアターの川原プロデューサーに電話してみると、ボランティアたちは11時半にホテル前で集合、と教えてもらいました。

ホテル前では、オレンジの車の中に、マネキンの顔にプロジェクターから男女の顔の映像を映し、録音した会話を流すという展示があって、人だかりができていました。
 Hotel Excelsior 正面。ここから左に向かって1分ほど歩くと映画祭会場。


 
 ホテルのロビーにて。ブレブレですが、主演のエリックです。

ボランティアたちは、先に会場入り。スポットライトに照らされ、プレスが鈴なりのレッドカーペットをゾロゾロ歩いて入場。他は全員正装してましたが、私だけGパン…。デジタルビデオカメラで撮影しながら、皆について行きました。

レッドカーペットへ。助監督の林さんと制作の斉藤さん。
館内に入ると、皆で2階席の後ろに座ります。私はオンラインでチケットを買い、一般客として単独で観るつもりだったのに、どさくさまぎれにラッキーな展開に。でも先に入っちゃったので、監督達がリムジンで乗り付けてレッドカーペットを歩くところが見られないのが残念。
 
ボランティアの一人とちょっと下に降りてみました。
ちょうど、監督達が館内に入って、写真をバチバチ撮られているところに間に合いました。

エリック・ボシック、桃生亜希子、塚本監督、中村優子

ピントが谷島プロデューサーに!


上映前にごあいさつ。
コンペ部門の公式上映なので、審査員長のアン・リーも場内にいたとのこと。
 
めずらしくエリックもやや笑顔

<上映中>

(C)TETSUO GROUP 2009

<上映終了>

うー、感慨で胸一杯です。
観客は、すぐ席を立って帰っていく人もいれば、熱心にスタンディングオベーションしてくれる人もいました。ベネチア映画祭は、塚本監督とは縁浅からぬところ。監督の新作を楽しみにしていたファンも、たくさん来ていたに違いありません。

 
終わった直後、2階の踊り場。
みんなヤケにテンションあがっちゃって、写真の撮りっこ。

せっかく桃生さんがおちゃめにポーズとってくれたのに、光量不足で残念。

★この時の様子のダイジェスト動画★

終わった後(深夜2時過ぎ)、会場外に設置された広告用スクリーンに、なんちゃってアニメのような映像が流れていました。

正体は、ヘルシンキ映画祭のトレイラーでした。

てーわけで、お疲れ様!

★おまけ★
映画祭がアップした「鉄男」関係クリップ


記者会見。
わけあって、プレスパスを返上したので出席できず…(T_T)

Photo call. 監督、エリック、プロデューサーのお二人。
監督とエリックがひょうきんです。

エリックへのインタビュー。役作りについて。


0 件のコメント:

コメントを投稿